山行記録

【田代山】猿倉登山口からのルートを紹介。ワタスゲに囲まれて天上の湿原歩き。

こんにちは、七実(@dvanchangos)です。

今回は、田代山(たしろやま)に登ってきました。

田代山について

田代山マップ

田代山は、福島県の南会津町と栃木県の日光市にまたがる標高1971mの山です。

山頂が平らな湿原になっている全国的にも珍しい形の山で、その山容はプリンに例えられます。山頂が平らといえば、苗場山や美ヶ原などが有名ですね。

田代山の湿原歩きが楽しみで仕方ありません!

山行データ

登山日 2018年6月24日

天気 晴れ

最高気温(会津地方) 30.3℃

最低気温(会津地方) 14.9℃

ルート地図

猿倉登山口から田代山山頂まで日帰りでピストンしました。

他のコースとしては、木賊(とくさ)登山口からのロングコース、お隣の帝釈山への縦走コースがあります。

山行時間

標準コースタイムは上り1時間35分、山頂の湿原周遊45分、下り1時間です。

高低差は499m。短時間で登れ、登山道も整備されているので初心者にもおすすめです。

持ち物

【バックパック】

オスプレーカイト36

あわせて読みたい
オスプレー カイト36をレビュー!日帰りから小屋泊まで使える口コミで人気のバックパックはこんなに進化していた!こんにちは、七実です。 思いもよらず、新しいバックパックをゲットしました。せっかくなのでレビューします。 長年の相棒、カイト36がリコ...

サコッシュはベルウッドメイドのジップサコッシュ。

あわせて読みたい
【徹底比較】チェストバッグとサコッシュどっちが便利?両方を使いまくって比べてみました。こんにちは、七実(@dvanchangos)です。 登山の時、メインのザック以外にサブバックは使っていますか? 私はサブバッ...

【グッズ】

●衣
レインウェア、ダウンジャケット、ゲイター、グローブ

●食
保冷ボトル、行動食(トレイルミックス)

午前中で下山する予定なので山ごはんなし。

●その他
地図、ストック、座ぶとん、ファーストエイドキット、サングラス、さらさらパウダーシート、日焼け止め、汗ふきタオル、モバイルバッテリー、リップ、熊鈴

あわせて読みたい
ファーストエイドキットを自作したので中身を公開。100均が大活躍したよ!こんにちは、七実です。 以前、ファーストエイドキットが適当すぎたことに危機感を感じ、しっかり自作しようと心に誓いました。 https...

駐車場~猿倉登山口

早朝5時に家を出発。南会津町にある猿倉登山口へ車で向かいます。

会津若松市からは2時間半ほどです。

ふもとの湯ノ花温泉から登山口まで1時間弱。途中から砂利道に突入です。

なんと、12kmもダートが続きます。少しだけ舗装されたゾーンもありますが、ほぼ砂利道で、しかも車がすれ違うのが困難な道幅。

この道が最初の田代山からの洗礼といえるでしょう。ガタガタとひたすら続くダートを進み続け、やっと猿倉の駐車場へ到着しました。

 

正直、登山より登山口までの道のりがキツイです。

 

そんなダートを越えてきたツワモノたちの車が、まだ朝の7:30にも関わらず、駐車場を埋め尽くしていました。


猿倉駐車場は2ヶ所。こちらは登山口から300mほど手前のトイレのある駐車場です。

30台くらい駐車できます。


きれいなトイレです。大量の虫が入ってくるので戸締り必須だそうです。


こちらが登山口にある駐車場です。20台ほどでしょうか。


それでは田代山登山、出発です!

水場~小田代

登山道から入ってすぐ湯ノ岐川の源流を渡り、沢沿いを進みます。

すこし登ると水場があります。


水場の看板から右へすこし下ったところが水場です。沢の音が心地よいです。

しばらくは樹林帯を登ります。整備された登山道は危険箇所もなく、サクサクのぼれます。ありがたい。


これが「ネズコのクマ穴」?巨大な自然のオブジェです。


ところどころにギンリョウソウが。驚きの白さ!


1時間ほどで傾斜がゆるみ、針葉樹が目立つように。

ここで、「小田代(おだしろ)」に到着です。


木道脇にワタスゲがこんなに!

ふわふわ、ぽふぽふ♡

これが見たかったのです!

さて、目指す楽園へはあと20分ほどの登りです。小田代の木道歩きを楽しんだら、あとひと踏ん張り!

山頂~湿原歩き

小田代から20分ほど登ると湿原に出ました!ここから木道歩きです。


池塘に空の青が反射して、鏡のようです。遠くに見えるのは会津駒ケ岳です。


湿原の中央部分、ここが田代山の山頂です!

他の山だと「ヤマッ!△」のポーズだけど、田代山はとんがってないので、手で平坦な山の形を表してみました。

オトモのうしとかえるも、ワタスゲに夢中~♡


見渡す限り真っ白ふわふわ、ワタスゲパラダイス♡

この景色のなかを歩いていると、ここって、

人間が想像する「天国の風景」そのものに見えてきます。

 

ゆっくりと雲は流れ、

優しい風にワタスゲが揺れる。

どこまでもしずかな心持ちで、

ただいっぽんみちを歩くひととき。

 

そうか、わたしは、いつのまにか天上の楽園へ来た。

生きているうちに、

こんなにしあわせな場所を訪れても良いのですか?

 

ワタスゲはうなずくように、またふわっと揺れた。

 


このあたりが、ワタスゲが一番密集していたんじゃないかなぁ。

山に登っていると、この世のものとは思えない景色に出会うことができます。感謝しかありません。

 

ここからは、田代山で見つけたお花たち。


▲タテヤマリンドウ


▲イワカガミ


▲ウラジロヨウラク


▲ゴゼンタチバナ(白)、アカモノ(ピンク色)

田代山避難小屋(弘法大師堂)~猿倉登山口

湿原を進むと帝釈山との分岐があります。帝釈山方面へ少し行くと、避難小屋とトイレがありました。ここで休憩を取ることにします。


田代山避難小屋(弘法大師堂)
中には10人ほどが泊まれる避難小屋です。中には仏像が安置してあってちょっと緊張しました。

こちらがトイレ。すごくキレイなトイレです!

トイレのうしろにウッドデッキとベンチがあり、休憩することができます。まだお昼前であまりお腹も空いていないので行動食とおにぎり1個を食べました。

 

休憩後、ふたたび木道を歩きます。

木道は細く、反時計回りの一方通行です。

木道から降りるのは厳禁!

いつまでも歩いていたいけれど、ついに一周してしまいました。

湿原をあとにして、登山口まで下るわけですが、どうしても後ろ髪を引かれてしまう…。

 

例えて言うなら、楽園を追われたアダムとイヴ?地上に落とされた堕天使?

下山をはじめた私の頭の中のBGMは自然と鬼束ちひろの「月光」に。

ああ厨二病。。。


南側には男体山や女峰山など、日光の山々。

 


はい、こちらが下界に堕とされた七実になります。

切ないけれど、地上で強く生きていかねば。(涙)

 

そんなわけで、1時間ほどでサクッと下山しました。こんな短時間で、あんなに素晴らしい景色が見られるとは!

なんだか夢を見ていた気分になりました。

 

山行を振り返って

まさに「天上の楽園」でした。感動するとひとは語彙力を失います。

一生懸命ブログで伝えたかったんですが、やっぱり言葉で表すと、「スゲー!」「やべー」「最高ー!!」になってしまうのがひとなんです。

なので、写真をたくさん撮りました。いかがだったでしょうか。

 

田代山は登山口までが大変ですが、確実に登る価値ありです!

「死にたくないけど天国に行ってみたい人」「堕天使という言葉に惹かれる厨二病」には特にオススメの山となっております。よかったら登ってみてくださいね。

 

以上、七実(@dvanchangos)でした。それでは、ごきげんよう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください