雑記

韓国の人気かき氷「ソルビン」仙台店がオープンしたので、メニューや待ち時間をレポートします。

こんにちは、七実です。

仙台に、またひとつ女子に大人気のフォトジェニックなスイーツ店が出来ました!

それが、韓国発のかき氷店「ソルビン(雪氷)」!

なんと、東京の原宿店、福岡の博多店に続いて3店舗目が仙台に出来ました!意外にも大阪にも名古屋にもないんです。仙台や周辺の東北の人にとっては嬉しいですよね!

ソルビンで雪のようなスイーツかき氷を食べてきたので、レポートします!

場所はエスパルの2階



元々は、長年「カフェコムサ」があった場所です。コムサが閉店してソルビンにリニューアルしました。

ソルビン(雪氷)って?


韓国では500店舗以上ある大人気のかき氷店です。なんと、日本の和菓子に感銘を受けて出来たかき氷なんだそう。

元々、韓国ではかき氷の上にスイーツやフルーツなどの甘いものを乗せて食べる「パッピンス」というかき氷が主流でした。それに、韓国の伝統的なきなこ餅(インジョルミ)を掛け合わせ、まるで雪のようなサラサラのかき氷に、ケーキのようなトッピングを盛り付けたものが、ソルビンです。

一番人気は「きな粉餅(インジョルミ)ソルビン」です。その他にも様々な味のソルビンがあり、また、きな粉トーストなどのサイドメニューもあります。

待ち時間は?

私が行ったのは7月29日です。天気は雨で気温は23度くらいの、涼しい日でした。時間は13時30分くらいです。友人と3人で参戦!

行列はというと、


お、ここが最後尾。意外と行列は短いです!

私たちはだいたい15分程で入れました。かなりラッキーでした。

私達の後のお客さんの行列は外まで伸びていました。暑い日だと、外のペデストリアンデッキの端の方に行列が続くみたいです。

オープンしたてからお昼すぎくらいは比較的待ち時間が少ないようです。14時過ぎくらいから急激に行列が伸びてましたよ。

新しいお店には1度は行ってみたいものですが、待ち時間がネックですよね。待ちたくない人は、雨の12時~13時半頃がオススメです!

(私の見解なので、店員さんに聞いたりインスタチェックしたりするのがいいと思います。)

店内の様子


店内は木製で統一されていて温かみのある空間。

レジで注文して、奥の配膳場所から自分で運んでくる、食堂みたいなシステムです。ちなみに、1人ワンオーダー制なので、かき氷1個だけ頼んでシェアするっていうのはルール違反なので注意してくださいね。


お水はセルフです。かき氷が冷たいので、常温のお水が置いてあるところが嬉しいです。


レジでオーダーすると、小さいルンバみたいな呼び出しベルを渡されます。

メニューが用意できたらこのベルが鳴るので、取りに行きます。フードコートみたい。

メニュー


ショーケースはこのようになっています。どれも美味しそう!やっぱり、ここは期間限定のまるまるメロンの乗ったのにしようかと思ったら、


お昼前に完売したそうです・・・。

ショーケース以外のメニューもあります。テイクアウトも。

ソルビン、実食!

抹茶ソルビン


いかがですか?この堂々とした山容。

七実が今回挑んだ山、それは「抹茶ソルビン」!!

麓にはあんこの入ったお餅が並び、山頂には抹茶アイス、山のすべては抹茶の深い緑に覆われています。

そして追い打ちをかけるのは超濃厚な抹茶ソース!

とにかく抹茶が濃厚で、すごいボリュームです!


氷はサラサラで砂みたい!降りたての初雪のような軽~い氷です。雪国の人は、雪だるまが作りづらいタイプの雪みたいと言えばわかりやすいかな?その雪よりも細かい!(見た目は味の素みたい)

口に入れると冷たいと思った次の瞬間になくなる!舌に氷の感触はありません。口の中ですぐ無くなるので次々と口に運びますが、普通のかき氷のように頭がキーンとしません。

氷には甘さがありません。そのかわり、上に乗ってるアイスやソースがとーっても甘いです。甘い物好きには最高の夏スイーツです!

チョコレートソルビン

友人が食べたメニューも紹介します。


ほろ苦いカカオとたっぷりの生クリーム、パリッとしたチョコと、キューブ状のチョコレートケーキがトッピングされています!


チョコ好きにはたまらなーい!!

ベリーヨーグルトソルビン

こちらはたくさんのベリーとヨーグルト味のアイスがトッピングされた、さっぱりとした1品。



ベリーの酸味があるので、甘いだけだと飽きちゃう人にもオススメ。

おわりに

いかがでしたか?私としては初めての食感にビックリで、ハマっちゃいそうでした!

一般的なかき氷とは別モノですよ。

今度はフルーツ系や、きなこ餅のソルビンにも挑戦してみたいですね。

【ソルビンさんへの提案】

あの量でずっと甘いと、最後の方に甘いものが入っていかなくなるので、間にしょっぱいものを挟みたくなります。そこで、「Japanese TSUKEMONO」を添えて頂けると嬉しいです。ご検討お願い致します。

それでは、ごきげんよう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください