山女子向け

【軽量化】大容量の日焼け止めを小分け容器に詰め替えるのはアリなのか?

こんにちは、七実(@dvanchangos)です。

夏は毎日、紫外線対策が必須ですよね。特に標高の高い山の上は紫外線も強いのでUV機能のついた服や日焼け止めで対処していると思います。

最近の日焼け止めはどんどん大容量化してきていますよね。

ドラッグストアの日焼け止めコーナーを見ても、100~150gの大容量のポンプタイプや、制汗スプレー並みの大きさのスプレータイプなどが増えてきています。しかも、大きい分、お得なお値段なんですよね。

しかし、やはり登山や旅行の時はなるべく軽量化したいもの。大容量だと逆に困っちゃいますよね。

化粧品の軽量化についてはこちら

あわせて読みたい
【化粧ポーチ軽量化大作戦!】山でも街でも使えるプチプラ優秀コスメを購入してみたよ!こんにちは、七実です。 わりと化粧濃いめなアラサー女子です。奥二重なのでアイラインとか極太でも目を開けると見えなくなって悲しいです...
あわせて読みたい
【化粧ポーチ軽量化大作戦!】結果、ここまで軽量化できました!こんにちは、七実です。 前回、メイクポーチの軽量化を目標に、ドラッグストアで軽量コスメを購入したわけですが。 htt...

それなら、ほかの化粧品と同様に、日焼け止めも小分けのケースに移し替えて、必要な分だけ持っていけばいいのでは?と思いました。

果たしてアリなのか?調査してみました。

日焼け止めの容器について

中身の見える透明な日焼け止め容器って、見たことありませんよね。

残量がわからないので、容器が透明ならいいのにと思う人もいるのでは?

 

しかし、容器が透明でないのには理由があります。

化粧品の場合、配合されている成分が光の影響を受けやすい場合に、中身の安定性を確保する目的で遮光性のある容器が使用されています。

薬の瓶が茶色や青なのは、薬が光に当たらないよう光を遮る役目があるからですね。日焼け止めの容器も遮光性のある素材を使って何重にも塗装してあるのです。

透明な容器に移し替えるのはアリ?

日焼け止めを透明な容器に移し替えたとします。

その場合、透明な容器に入れたまま太陽光に当てたら、その時点で肌に塗ったのと同じ状態になるので、使おうとした時には日焼け止めの効果が弱くなったり、効果がまったくなくなってしまうことが考えられます。

また100均のケース等、密閉性の低い容器だと空気に触れてしまうので劣化も早そうです。

 

【結論】

透明容器に移し替えるのはナシ。

別のカラになった日焼け止め容器に入れるのはアリ?


遮光性の高い容器になら、移し替えても問題ないようです。

詰め替えタイプのある日焼け止めも売ってますしね。

移し替える時の注意点は、容器をしっかり洗って乾かすこと、なるべく空気に触れないように移し替えたらすぐに蓋をすることです。

あわせて読みたい
【日焼け止め】登山やキャンプに行くなら"7日前から"の紫外線対策が正解です。こんにちは、七実(@dvanchangos)です。   アラサー女子なので、シミやシワの原因になる紫外線の対策はしっかりしたいけ...

おすすめの少量日焼け止めを紹介

調べてみて、日焼け止めを移し替えるのはあまり推奨できないことが分かりました。

それなら、登山に見合った容量の日焼け止めを選んで買ったほうが良さそうです。

そこで、30ml以下の容量の日焼け止めを見つけたので紹介します。

プチプラ×30ml以下

 

高機能×30ml以下

 

 実はメンズ用は少量タイプが多いんです

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

紫外線が一番降り注ぐ季節になってきましたね。私は、黒いアームカバーやネックカバー、つば広の帽子などで肌を隠しつつ、顔周りは日焼け止めで対策をしています。

 

紫外線対策アイテムを正しく使って日焼けや肌の老化を防ぎたいですね!

 

それでは、ごきげんよう。

↓↓飲む日焼け止めをプラスして、完璧UVケアしませんか?↓↓

あわせて読みたい
【日焼け止め】登山やキャンプに行くなら"7日前から"の紫外線対策が正解です。こんにちは、七実(@dvanchangos)です。   アラサー女子なので、シミやシワの原因になる紫外線の対策はしっかりしたいけ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です