雑記

マラソン大会に初エントリーしたけど遅刻!初心者が大会当日に気をつけることをまとめたよ

こんにちは、七実です。

去る10月1日に、会津若松では「鶴ヶ城ハーフマラソン大会」が開催されました。

実はわたし、登山の体力向上のために昨年ランニングを始めていて、初チャレンジでこの大会の5kmの部にエントリーしていたのです!

そして、ついに当日がやって来て…!

遅刻して受付に間に合わず、走れませんでした。

ダサい。あまりにもダサすぎる。

何度もマラソン大会に出場しているベテランなら熟知しているであろう注意点が全然分かっていなかったのが原因です…。

この失敗は絶対に繰り返すまい!!と思い、マラソン大会初参加の人の当日の注意点をまとめました。

マラソン初参加の注意点

1.当日は緊張して忘れ物するかも。持ち物は前日に準備をすべし。


当日の持ち物や服装は前もって準備しておくとベストです。

ウェア、シューズ、タオル、時計、着替えなど一通り揃えておきます。

その中でも特に、絶対忘れてはいけなのが「ゼッケン」。

鶴ヶ城ハーフマラソンの場合は、1週間前くらいに大会パンフレットとゼッケンが郵送されてきましたが、ゼッケンにはICチップが付いており、これでタイムを計測するそうです。

ゼッケンを忘れた場合には大会に参加できないので、必ず準備して忘れないようにしましょう!

2.当日のスケジュールを確認しておく


パンフレットをよく読んで、当日のスケジュールを頭に入れておきます。

受付開始時間、整列時間、スタート時間をチェック。

また、マップでスタート地点、コース、ゴール地点をチェックしておきます。

七実の失敗ポイント1

駐車場の場所とキャパのチェックが甘かったです。パンフレットの簡易地図で見ると近いと思っていた近隣の指定駐車場がかなり遠く、しかも着いた時にはどこも満車!

グーグルマップなどで駐車場の距離感を確かめればよかったです。

3.会場には早めに到着する


私の失敗はまさにこれで、余裕をもって家を出たはずが、渋滞に巻き込まれて到着が遅くなり、しかも遅れたせいで駐車場に入れないという何もかもアウトな状況でした…。

目安としては、1時間くらい前には到着しているのがベストなようです。(そのつもりだったんだけどなぁ…。)

車で行くなら渋滞を予測して出発時間を決めること!

公共交通機関で行く場合は会場までの移動時間を考えて出発時間を決めること!

早めに到着すれば、荷物預かり場所やコースの予習ができますし、始めてのマラソン大会なら気持ちを落ち着かせたり入念なウォーミングアップをする時間ができますからね。

4.スタートするまでの体調管理とウォーミングアップ


前日は睡眠を十分にとり、当日の朝食は素早くエネルギーに変わる炭水化物を多めに、糖分、水分も摂っておきます。(できればスタートの3~4時間前には食事を済ませておくのがベスト。)

また、初めてだと緊張でガチガチになると思うので、軽く走ったりストレッチをして体を温めておくようにしましょう。スタートまでの待ち時間は意外と長いので、体が冷えないように上着を持っていくといいですよ。

スタートしたら、周りに流されないように自分のペースでゆっくりと走りましょう!初めてならタイムは気にせずに完走を目標にすればいいと思います!

おわりに

 

いかがでしたか?

マラソン大会のベテランの方からしたら当たり前の事だと思いますが、

渋滞と駐車場には注意ですよ!!

ほんとに…1時間前には到着する気持ちでいたんだ…ほんとなんだよ…。

と、いうわけで大失敗しましたが次こそはちゃんと走れるようにしたいです。あと、練習もサボらずにちゃんと続ける!すべては登山のために!

それでは、ごきげんよう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です