登山雑記

【七実のプロフィール】登山に目覚めたきっかけは「宮沢賢治」。

こんにちは。このブログを書いている七実(@dvanchangos)と申します。

簡単なプロフィールと登山にハマったきっかけを書いてみます。

 

プロフィール

1985年4月3日、岩手県盛岡市出身。

丑年、牡羊座、O型。

2017年4月より、仙台市から福島県会津若松市に在住。

性格は非常に飽き性。でも凝り性。
最近は「多動力」という言葉を飽き性の代わりに使えるようになって喜んでいる。

フットワークの軽い人が好き。

文句が多いのに行動しない人が嫌い。

 

運動オンチがいきなり登山にハマったきっかけ

私は子供の頃から、地元岩手出身の宮沢賢治の作品に慣れ親しんでいました。

童話も、心象スケッチと呼ばれた詩も、銀河や鉱物や猫や自然などのテーマも好きでした。

何よりも、その思想に興味を持っていました。

 

 

そんな私が27歳の時です。

 

うちのHDDにはおまかせ録画機能があって、「宮沢賢治」をキーワード登録していました。

(キーワードに引っかかった番組を自動で録画してくれる。)

そこで録画されていたのが、NHKの「にっぽん百名山~岩手山~」

 

賢治先生は地質や火山や鉱物が大好きだったので、生涯で30回以上も岩手山に登っていたというエピソードがあります。それでキーワードにヒットしたらしいです。

 

この番組は、作家の深田久弥が選定した「日本百名山」の山々を、ガイドさんが登りながら案内してくれる内容。

景色がきれいだなー、登るのきつそうだなー、なんて思いながら見ていると、ついに岩手山の山頂へ到着しました。

 

 

映し出された山頂の映像。

私には声が聞こえました。

 

 

 

「あなたはこの山に登るのです。」

 

 

 

へ?

 

 

 

天の声?

 

 

 

今でも不思議です。

 

その後、導かれるように、とにかく登山について勉強しました。

 

最初は、初心者向け日帰り登山ツアーに参加してみました。息も絶え絶え、翌日から一週間筋肉痛でした。

 

でも、楽しくて。達成感があって。

 

また山に行きたい、を繰り返しているうちに、気づけば登山が人生の中心になっていました。

 

岩手山には10回ぐらい登ったでしょうか。

天の声に導かれ、魂の居場所を見つけたような気分です。

私が一番愛している山です。

 

 

天の声はよくわかりませんが、

賢治先生が魂の居場所を示してくれた、と思うことにしています。

 

これからも山に登るよ。

登山をしながら楽しく生きる方法を模索中。

ブログもその一環としてやっています。

誰かと関わっておもしろいことができたらいいので、

このブログが自己紹介がわりになればと思っています。

とにかく、登山なしの人生は考えられない自称山ヤですが、よろしくお願いします。

 

こちらからイラストを拝借いたしました→イラスト素材の素材ダス

 

 

 

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください